検索
  • Aile

浮気相手の家に出入り。浮気の証拠になるの?

夫の残業や休日出勤が増えた…。

怪しいなと感じてはいたが、お金を使っている様子はない…と思ったら、浮気相手の家に通っているようなんです。

これはもう、完全に浮気確定でしょ!と思い、浮気調査をして、浮気相手の家に出入りしている写真を手に入れたら、それは「浮気の証拠」として使うことができるのでしょうか?



家の出入り写真だけでは、有効な証拠にならない

夫が女性の家に出入りしていたら、それだけで浮気してると言いたくなります。家に二人でいれば、何もないわけがないと思うからです。

しかし、浮気相手の家に出入りしている写真を手に入れただけでは、浮気の証拠としては弱いのです。ラブホテルの場合は、入ったことが肉体関係があったことを示しますが、自宅ではそうとは限りません。仕事の打ち合わせをしていた、相談に乗っていた…など、言い逃れされてしまうのです。


大切なのは「複数回」の出入り画像と「滞在時間」

先述の通り、ラブホテルと自宅は違うので、二人きりで会っていたと考えられても、意味合いが違ってきます。一度だけ仕事の相談に乗っていたんだよと言われたら、それ以上追及できません。

浮気相手の家の出入りを不貞の証拠として相手に浮気を認めさせるには、複数回出入りしている写真や動画が必要になります。何度も通っているということになれば、浮気をしているという客観的証拠につながるからです。



とはいえ、自宅への出入り写真では、家の中で本当に不貞行為があったかどうかは分かりません。そんな時にカギになるのが「滞在時間」です。複数回浮気相手の家に向かっている写真が撮れたとしても、「家まで送っていっただけ」「玄関先だけで、すぐに帰ったよ」と言い逃れされてしまえばどうしようもありません。しかし、家に入ってから出るまでの時間を計測し、最低でも1時間、できれば3~4時間滞在していることを証明できれば、肉体関係があることを十分に示唆できます。また、滞在時間中に部屋の明かりが消えた時の画像等があればさらに有効な証拠となります。二人きりの室内で電気が消えたことは、肉体関係を持った可能性が高いと思えるからです。さらに、宿泊したという状況が証明できれば、より一層強い証拠となるでしょう。




22回の閲覧0件のコメント